まとめ

新型コロナワクチンを打った後の副反応および注意点まとめ

滋賀コロナワクチン副反応まとめ

皆さん、もう新型コロナワクチンは打たれたんでしょうか?

私は1回目がやっと終わったところではありますが、1回目でもつらい副反応がありました。

滋賀県内でも働く世代へのワクチン接種がはじまりました。

これから打たれる世代も多いと思いますので、副反応のおさらいと新型コロナワクチンを打った後の注意点についてまとめていきます。

新型コロナワクチンを打った後の副反応および注意点まとめ

新型コロナワクチンを打った後の副反応

打ったワクチンがファイザーかモデルナかでも副反応に違いがあります。
特に発熱はモデルナワクチンの方が高い確率で出現する副反応だそうです。

実際どのような副反応が多いのか見ていきましょう。

  • 発熱
  • 頭痛
  • 接種部の痛み
  • 倦怠感

稀にアナフィラキシーショックを起こされる方もおられます。
この為、病院では接種後に待機時間があります。

アナフィラキシーショックとは、薬や食物が身体に入ってから、短時間で起きることのあるアレルギー反応のことです。
じんま疹などの皮膚症状、腹痛や嘔吐などの消化器症状、息苦しさなどの呼吸器症状が急に起こります。血圧低下で手足が冷たくなったりや意識レベルの低下(呼びかけに反応しない)を伴う場合を、アナフィラキシーショックと呼びます。

発熱はワクチン接種後1~2日以内に起こることが多いそうです。
厚労省のHPではワクチン接種による高熱に対し解熱剤は飲んでもよいとされています。

Q.ワクチンを受けた後の発熱や痛みに対し、市販の解熱鎮痛薬を飲んでもよいですか。
A.ワクチンを受けた後の発熱や痛みに対し、市販の解熱鎮痛薬(※)で対応いただくことも考えられますが、特に下記のような場合は、主治医や薬剤師にご相談ください。

・他のお薬を内服している場合や、妊娠中、授乳中、ご高齢、胃・十二指腸潰瘍や腎機能低下など病気治療中の場合(飲める薬が限られていることがあります。)
・薬などによりアレルギー症状やぜんそくを起こしたことがある場合
・激しい痛みや高熱など、症状が重い場合や、症状が長く続いている場合
・ワクチン接種後としては典型的でない症状がみられる場合(ワクチン接種後に起こりやすい症状や起こりにくい症状については、こちらをご覧ください。)

なお、ワクチンを受けた後、症状が出る前に、解熱鎮痛薬を予防的に繰り返し内服することについては、現在のところ推奨されていません。

(※)市販されている解熱鎮痛薬の種類には、アセトアミノフェンや非ステロイド性抗炎症薬(イブプロフェンやロキソプロフェン)などがあり、ワクチン接種後の発熱や痛みなどにご使用いただけます。(アセトアミノフェンは、低年齢の方や妊娠中・授乳中の方でもご使用いただけますが、製品毎に対象年齢などが異なりますので、対象をご確認のうえ、ご使用ください。)

引用元:新型コロナワクチンのQ&A(厚生労働省)

予防的に解熱剤を飲んでおくのは推奨されていません

お薬ですので市販の解熱剤でも対応できますが、事前に薬剤師さんに相談の上購入しておくのがよさそうです。

新型コロナワクチンを打つ前の事前準備

ワクチンを打つとモデルナ2回目の場合、多くの人が発熱の副反応がでています。
ですので、事前準備はしておきたい。

  1. 仕事や学校に支障が出ないよう、可能な範囲で次の日仕事などが休みの日に予約する。
    特に2回目は注意が必要
    難しい場合は接種翌日に重要な仕事の予定は入れないようにしておく
  2. 仕事の場合は他のメンバーにもワクチン接種日を共有しておく。
  3. 家庭内での共倒れを防ぐ為、夫婦のコロナワクチン接種予定は副反応を考慮してかぶらない日程にしておく。
  4. 腕はかなり痛くなるので、腕を使うことは避ける
  5. 解熱剤を準備しておく
  6. 水・スポーツ飲料・経口補水液などをたっぷりと準備しておきましょう。
    血栓防止のために「小まめにたくさん」飲むことを意識しましょう。
    水分補給はとにかく大事だと思ってください。
    動くのも大変になる可能性があるので家族がそばにいない場合は枕元などに準備しておきます。
  7. 食べられなくなる可能性もあるので食べられる時にしっかり食べておく
  8. 氷枕や冷えピタなどを準備しておく

2回目は特に副反応がでやすいのでしっかりと準備して備えておきましょう。
特に水分は重要ですので、たくさんめに準備しましょう!

当日家事できなくなる可能性があるので、事前にお惣菜とかテイクアウトで買っておくというのもいいと思います。

新型コロナワクチン接種後の注意点

新型コロナワクチン接種後どのようなことに注意すればよいのでしょうか。

  • 水分を意識して摂る
  • 飲酒を控える
  • 1週間は激しい運動を控える

運動は特に無酸素運動が危ないとされています。
筋力トレーニングなどはしばらくは控えた方がよさそうです。

実際にコロナワクチンを打った副反応

実際に新型コロナワクチン接種2回目を終えた管理人の副反応の経過をまとめました。

◆1回目
当日 打ったのは夕方17:00頃 夜に腕のだるさあり
2日目 注射した部分が痛くなってきて触れられると激痛に 夜、頭痛がひどくなる
3日目 頭痛が続くが夕方には痛みが引く

◆2回目
当日 17:00頃接種 夜には腕の痛みがきつくなる 頭痛の為深夜目が覚める
2日目 朝から微熱→10:00頃には39度超の熱→カロナール服用で38度台
16:00頃再度39度台→カロナールで38度台 体の痛みで寝られず朝
3日目 熱は38度から37度台へ 頭痛は続く 体の痛みが続く
体の痛みは内臓全体が熱を持って痛むような感覚と節々の痛み