まとめ

コロナかも…と思ったらどこに相談すればいい?滋賀県の相談窓口まとめ

熱が続いている…よく言われる味がしない…コロナかもしれない…。
どこまで症状を我慢すればいいんだろう…。

どういう症状で相談すればいいんだろう?
実際にかかってからおろおろしない為にまずはコロナについて必要な知識を身につけておきましょう。

下記に症状などについてはまとめてあります。

コロナじゃないかと思ったらどこに相談?

まず、下記の症状に合致していないか確認してください。

・風邪の症状や37.5℃以上の発熱が4日以上続いている。※高齢者や基礎疾患のある方は、2日程度続く場合(解熱剤を飲み続けなければならないときを含みます)

・強いだるさ(倦怠感)や息苦しさ(呼吸困難)がある。

出典:滋賀県HP

症状に合致した場合は直接医療機関には行きません
コロナ感染の可能性があるため、「帰国者・接触者相談センター」へ連絡し、指示をあおぎます。

風邪だと思ってすぐかかりつけ医に通常であれば行ってしまいがちですが、直接病院には行かずにまずはかかりつけ医に相談してみるのもよいかと思います。

子供さんについてはよく熱を出します。まずはいつも行っている病院に連絡をして受診してよい症状なのか確認してからにしましょう。

帰国者・接触者相談センター連絡先

滋賀県健康医療福祉部薬務感染症対策課(平日、土日祝日、24時間)
TEL:080-2470-8042
FAX:077-528-4865 / E-mail:corona-soudan@pref.shiga.lg.jp

滋賀県保健所(平日、8:30-17:15)
・草津保健所 TEL:080-2522-3054
・甲賀保健所 TEL:080-8527-5165
・東近江保健所 TEL:080-8318-0938
・彦根保健所 TEL:080-2470-8465
・長浜保健所 TEL:080-2525-6322
・高島保健所 TEL:080-2522-7183

大津市保健所
・TEL:077-526-5411(平日・土日祝日、8時40分~20時まで)
・TEL:080-2409-1856(平日・土日祝日、夜間20時~翌8時40分まで)

詳しくはこちら⇒滋賀県HP

相談したけどどうなるの?その後の対応について

センターでご相談の結果、新型コロナウイルス感染の疑いがある場合には、専門の「帰国者・接触者外来」を紹介してもらえます。

外来に行く際はマスクを着用し、自家用車を利用したりして公共交通機関の利用を避けて行くようにしましょう。

事前に確認しておけばもしもの時に焦らない

今回新型コロナかもしれないと思ったもしもの時の為にまとめました。
上記を覚えておけば、万が一自分が新型コロナに感染していたとしても他人を不用に巻き込むことなく、落ち着いて対応することができます。

万が一がないのが一番なので、しっかりと日々感染予防をしておきましょう。