ニュース

彦根の医療従事者へおいしい食事を届けるプロジェクト「Hikone Food Baton」

滋賀県内でもコロナによる危機を乗り切るために様々な取り組みがはじまりました。
そのひとつクラウドファンディング「Hikone Food Baton」をご紹介します。

滋賀クラウドファンディング「Hikone Food Baton」とは

CAMPFIREではじまった滋賀発「HIKONE FOOD BATON」はどんなクラウドファンディングかというと、新型コロナと医療の最前線で戦う彦根市立病院にて最前線で働く医療従事者の方々においしいお弁当を配達/提供しよう!という試みです。

発起人は滋賀県彦根市で料理旅館双葉荘(昭和33年創業)を経営されている代表の片岡純一郎さんです。

 このプロジェクトにおいては、2020年5月1日より2か月間、彦根市の有志飲食店より彦根市立病院へ毎週1回30個程度の弁当を支援目的として無償提供いたします。人気飲食店のおいしい豪華弁当を医療従事者の方々に食べていただき、大変な状況の中において一つ楽しみの時間ができればと考えております。

また、コロナウイルスの蔓延により、支援を行う飲食店の経営状況も大変厳しいものとなっております。その中で、クラウドファンティングを利用し、弁当提供を行う飲食店を皆様にも支援していただき、飲食店が医療従事者を支援するという支援の輪が広がることを期待しております。

出典:HIKONE FOOD BATON

常に危険と隣り合わせの医療関係者の方々を応援する素晴らしい取り組みです。

1,000円から支援することができます。

支援された方は希望を確認しプロジェクトHPに氏名掲載されます。

支援された資金の使い道

1.プロジェクトよりお弁当を提供する飲食店へお弁当1個につき1,200円支払われます。

2.支援金に余剰が出た場合、もともと設定していた期間(5/1~6/30)を延長すること及び弁当の提供個数・回数(週1回30個)を増加することを検討されます。

3.2をしても支援金に余剰が発生する場合、医療従事者支援のために利用させていただき、事後報告の形で支払先がプロジェクトのHPで発表されます。

使われる使途が明確になっていてプロジェクトHPで経過も報告されるので安心して支援できますね。

クラウドファンディングに参加する前に

クラウドファンディングの支援者にはメリット/デメリットがあります。
それをしっかりと把握した上で参加しましょう。

詳しくはCAMPFIREの下記ページ参照

「Hikone Food Baton」に参加してみる

このプロジェクトに参加するには下記より参加できます。
参加する前に、どういうプロジェクトか再度しっかりと理解した上で参加しましょう。

詳細はこちらから

「Hikone Food Baton」まとめ

一口1,000円から参加できる医療機関や彦根の飲食店も応援できるプロジェクトになっています。

医療機関も滋賀県内の飲食店もこのコロナ禍で非常に厳しい状況になっています。

いろいろな応援方法がありますが、こういったクラウドファンディングといった方法もありますよ。