ニュース

コロナと闘う医療機関の方々をおいしい「お弁当」で応援!

滋賀県内でもコロナによる危機を乗り切るために様々な取り組みがはじまりました。
そのひとつクラウドファンディング「コロナと闘う医療機関の方々をおいしい「お弁当」で応援したい!」をご紹介します。

滋賀クラウドファンディング「コロナと闘う医療機関の方々をおいしい「お弁当」で応援したい!」とは

CAMPFIREではじまった滋賀発「コロナと闘う医療機関の方々をおいしい「お弁当」で応援したい!」はどんなクラウドファンディングかというと、新型コロナと医療の最前線で戦う方々においしいお弁当を配達/提供しよう!という試みです。

AGOLA/&A代表の髙橋さんが企画されています。

AGOLA/&Aは「Stay Enjoy!」をコンセプトに、こだわりの空間でまったり寛げるカフェ&ダイニングレストランをされているので知っているかたもおられるのではないでしょうか。

新型コロナウイルスの感染拡大とそれに伴う緊急事態宣言が発令され、混乱に囲まれる中、当店もコロナウイルスの影響で前年度より売上が落ち、お店の営業自体も厳しい状況でした。

そんな時、あるお客様から「病院に食料を届けてもらうことはできないだろうか?」というお声をいただきました。

この今現在も、最前線で新型コロナウイルスと闘っておられる医療関係者がいらっしゃいます。
業務に追われ、注文やピックアップをすることができない方、食事に困っている方がたくさんいらっしゃることを改めて実感し、私たちに、何か「良いおもてなし」ができないかと考えました。

いま、状況が日々変化していく中で様々な判断が難しい時期ではありますが、ここで「休業中であるAGOLAの空間をうまく利用できないか?」と考えました。

そして、厨房を最大限に使用することができることに気づいたのです。

お店は営業できなくても、空間は活用できる。厨房を利用しない手はないと気づいた瞬間でした。

みんなが楽しくいられる場所を提供できて初めて、私たちの働く価値があると思っております。

コロナウイルスと最前線で闘っている医療従事者の方々に、美味しいご飯を提供することが、現代の人々にとって不可欠な場を提供することに繋がるのではないか?
そう思い、このクラウドファンテイングを行うことを決めました。

出典:コロナと闘う医療機関の方々をおいしい「お弁当」で応援したい!

常に危険と隣り合わせの医療関係者の方々を応援する素晴らしい取り組みです。

1,000円から支援することができます。
1,000円につき1食が医療従事者に届けられます。

ラウドファンディングに参加する前に

クラウドファンディングの支援者にはメリット/デメリットがあります。
それをしっかりと把握した上で参加しましょう。

詳しくはCAMPFIREの下記ページ参照

「コロナと闘う医療機関の方々をおいしい「お弁当」で応援したい!」に参加してみる

このプロジェクトに参加するには下記より参加できます。
参加する前に、どういうプロジェクトか再度しっかりと理解した上で参加しましょう。

詳細はこちらから

「コロナと闘う医療機関の方々をおいしい「お弁当」で応援したい!」まとめ

一口1,000円から参加できる素敵な取り組みです。

少しでも賛同できる方は是非ご参加ください。